上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
発掘部会 | 2007/12/25(火) 23:59
クマーラジーヴァ研究局長です。メリークリスマス。
今年で引退ということで、最後の日記書きます。

昨年の今日、東京都府中市で遺跡発掘のバイトをしてました。12・2・3月とやってました。
とても広い遺跡で、遺物も大量に出土し、いい経験ができました。

今年の今日、バイトとして遺物の拓本とってます。土器・瓦・銅銭(永楽通寶)などで、反り返った瓦の裏側は難しいですね。今年もクリスマスバイトです。来年もバイト続けるつもりです。



今年は研究局長としての活動は充実してました。
2年の冬・春休みの現場から初め、春セメでは定例会で自分なりに勉強会をやって楽しかった。

夏現場無くて残念・秋セメは建学祭が忙しく発掘部会があまり行えず(余裕が無くて)残念でした。

次期研究局長へと引継ぎを終えました。そしてサークル引退ってのはなんかさみしいです。
考古学研究会の活動ができて楽しかった。1・2年生のみんな、来年も、良い活動ができるといいね。応援してます。

次期研究局長頑張れ!!
現場が見つかるように、そして充実した発掘部会としての活動達成できるように応援してるよ。
スポンサーサイト
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
 大変遅れていた西表島の発掘調査の報告をしたいと思います。一応ここでは簡単な概略を紹介していくことにして、勉強会などで発表の場がある場合はそこで詳細を述べていくことにします。無い場合には、後日あらためてここで述べていくことにします。


070224_1614~01.jpg



 まず今回行った調査は考古学専攻の先生にお願いして連れて行ってもらった調査でした。遺跡名は網取遺跡で、西表島の旧網取村が調査区域となっています。ちなみに今は無人で、東海大学の施設がかろうじて機能している程度です。
 この遺跡は近世頃を中心とした遺跡であり、近世貝塚がメインとなっています。また5世紀頃の先史時代の層も確認されています。さらに山側には水田跡もあり、現在プラントオパールの調査も行なっている最中です。
 今回の調査は5次調査で、この網取遺跡の調査自体は2002年から始まっていたものです。

 僕が担当したのは集落域の一画に開けたトレンチ(下がどうなっているのかを調べるために開ける溝)で、名前はF4トレンチです。ここは前回までの調査で明らかになった貝塚域に近い場所で、どこまで広がっているのかを調べるために設定されたトレンチです。
 大まかな作業としては調査のための杭打ち、生えまくってる木々の伐採、掘る!、図面取り、トレンチを埋め戻せ!をやりました。
 今回は先史時代の貝塚の層の上面が出た部分で止めました。現代に近い層からは石垣の根石やらガラスやら貝やらサンゴ石やら土器やらが出てきました。またかなり撹乱されていて、トレンチの南半分にはやや大きめの穴(約2m×1m×70cm)が確認されました。

F4トレンチ 撹乱1完掘(北より)


 
 また他に2箇所のトレンチが設けられてF4近くに1箇所と、水田跡に1箇所で発掘がされてました。これらの詳細についてはまた後日・・・。

 調査に行っていた2週間の流れを書くと次の通りです。
 ●2月20日、船で網取に上陸。到着後、宿舎の掃除と機材の準備。その後発掘場所とその周辺を散策。

 ●2月21日、杭打ち作業と木々の伐採。

 ●2月22日、木々を伐採して水田跡までの道を造る。午後にはF4トレンチを掘りだす。

 ●2月23日~、各トレンチで作業が本格的に開始。ただし水田跡のトレンチは25日に開始。

 ●2月28日、疾患原種が偶然にも魚を釣り上げる


ベラ



 ●3月2日、豪雨により全トレンチが水没。チーン・・・。

 ●3月4日、作業最終日。図面取り、土説などが終了。各トレンチの埋め戻し作業。機材を運ぶリヤカーが中破、片輪走行に。

 
 ●3月5日、機材の清掃と片付け。宿舎の掃除も行い、午後には網取離脱・・・、のはずが高波と強風により全員取り残される水不足のうえ食料も底をつき、リアルサバイバル状態に。

 ●3月6日、午前中に無事離脱成功。午後には石垣空港から離陸。

 こんな感じでした。いやぁ、結構楽しかったですよ。発掘そのものもさることながら、生活も何か野生に帰ったというか。海で洗濯するし貝やその他の生物を獲ってきて食べたり・・・。とにかく波乱万丈の2週間でした。

 これより深いことは先に書いたとおり、また後日行ないます。気になって仕方ない人は直接僕に聞いてください(笑)。

 それでは~~!

 
 
コメント (3) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
発掘部会 | 2007/03/12(月) 00:15
研究局長です。
発掘部隊の発掘アルバイトは、3月10日土曜日に、皆ケガも無く無事に終えることができました。良かった良かった。

遺物は、図面にはのせない小さな遺物を含めると、5000点以上出土しました。土師器・須恵器・かわらけ・瓦・磚(せん;瓦の一種で、今で言うレンガのような使われ方をしたもの)・緑釉陶器など。瓦には、秩父の「父」や、播羅の「播」が刻印されたものもみつかりましたよ。奈良・平安・鎌倉時代のものです。

クリスマスから4日間、2月いっぱいと3月10日まで作業をしました。とても良い経験ができました。

僕が1年の時に比べると、少しずつ作業がわかるようになってきました。少しは成長したかな。

振り返ってみると、現地説明会の時は、僕は展示物を一般の方々へ少し説明をしたのが、一番面白い経験でした。

研究者の方が一般の方達に直接説明していた時に、僕もその説明に耳を傾けて聞いていました。「勉強になるぁ」と思いました。
現地説明会は面白いと思うので、皆さんも機会があったら行ってみてください。

土層説明は寒かったぁ。
2~3メートル掘り下げた部分のカベは、西側だとお昼過ぎるとすぐに日陰になってしまう。日があたらないとあんなに温度下がるとは思わなかった。
セクション(断面)図を書く人がいつも3人くらいいるのに、土説は僕一人だったから、早く書かないと図面たまっちゃうから忙しかった。

掘ったのは12月と最終日だけでした。今回僕は図面書く練習というか修行というか、そんな感じでした。

児玉の調査員さんが以前言ってました。「発掘は修行だ!」
今回の現場責任者の方は、「図面書いてこそ発掘だよ。」と言っていました。

「そうかぁ」と思いました。
図面書くのまだまだですけど、これからもがんばっていきたいと思います。

来学期は、勉強会開いて皆で図面の書き方や、レベルの使い方とかの練習していきたいなぁと思います。



コメント (2) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
発掘部会 | 2007/03/07(水) 23:24
3月7日水曜日
日記書くの久しぶりです。今日は昨日より少し寒かったです。

あまり掘ってない研究局長です・・・。なぜかというと、図面の土層説明担当になったからです。土色帳(土の基準色が載っている)見て、移植ゴテ(シャベル)を握り、毎日土層とにらめっこしてます。新鮮な土色を見るためには、薄く削ります。掘りたいですけど、結構面白いです。

毎日の日課は、光波測定機を立てる(セットする)ことです。2月からやっているので、だいぶ慣れました。

ちょっと大変だったのは、「礫」を運んだことです。本社に運ぶため、トラックに積み込みました。
かなり重いデス。ぎっくり腰にならないように、負担かからないように足踏ん張りました。

因みに、発掘作業では、意外と重い物を運ぶ機会がたくさんあります。そのため、若くてもぎっくり腰になる恐れがあります。注意が必要ですよ。

みんなもぎっくり腰にならないように気をつけてくださいね。


予定が少し早まり、そろそろ今の現場が終わりに近づいています。来週あたり終了予定です。少し寂しいです。

カゼひかないようにします。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
発掘部会 | 2007/02/24(土) 22:00
研究局長クマラジーヴァ
2月24日土曜日
今日は現地説明会でした。とっても寒かったです。
僕は展示品の説明&見張り(展示品を持っていかれないように;実際無くなることがあるようです。)でした。発掘侍とTさんは、受付でした。アクエンアテンは遺構を掘っていました。
僕は主に一般の方に説明をしました。貴重な体験でした。研究者の方たちには、調査員の方が説明しました。その説明はとても勉強になりました。

来週もがんばります。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
プロフィール
 

考古学研究会

Author:考古学研究会
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。